blog

メイン画像

Mori

2018/10/19

【注意】髪質改善って3種類あるの知ってます??【縮毛矯正・酸トリートメント・サイエンスアクア】




こんにちは!



表参道・原宿の美容室Curaの髪質改善の匠・トップスタイリスト 森です



今回は最新の髪質改善事情についてどこよりもわかりやすく、説明できたらと気合入れて書いていきます




 ・髪質改善に興味をお持ちの方



・これから導入しようとお考えの美容師さん



 ・やってみたいと思っているお客様 



何か参考になれば幸いです



僕が髪質改善の匠を自称しはじめてから4年ほど経ちますが髪質改善というワードは去年からかつてないほどの盛り上がりをみせているようにみえます



#髪質改善






インスタグラムで検索するとすごい数の髪質改善がでくると思います



ここからが本題です



髪質改善とほとんどの写真がひとくくりになっていますが、



2018年10月現時点では、ひとくくりにはできないんですね



以前こちらのブログで



髪質改善とは



という記事書きましたので髪質改善の考え方についてご覧下さい!



ざっくり3つの髪質改善があります




・縮毛矯正による髪質改善



・酸トリートメントによる髪質改善



・サイエンスアクア(商品名)による髪質改善








自分なりにこんな表作って見ました




もちろん髪質改善の匠なので、上記の3種類全て施術できます。




3種類できるサロンは全国でも数えることができるほどしかないのではないでしょうか?




その全てを施術した現役美容師の観点から今回書いていきますので信憑性は高いと思います。




まずは




縮毛矯正による髪質改善




これは縮毛矯正というメニューを髪質改善として打ち出しているだけでやっていることは縮毛矯正です




くせ毛の悩みに一番有効です




髪の毛へのダメージは3つの中で一番高いです




続いて酸トリートメントによる髪質改善




これは今年美容師の中でのヒットワードで全国の美容師が注目している技術です




トリートメントとつきますが、みなさんが知っているトリートメントとは違います



説明がすごく長くなってしまうので、回答だけ



酸トリートメント=髪の毛内部を健康な状態に擬似的に近づける技術です



一応説明も書いておきますが、興味のない方は読み飛ばしてもらって大丈夫です


 
施術工程はレブリン酸・グリオキシル酸配合のクリーム剤を髪の毛に塗布→加温→流し→乾かして→ストレートアイロンを入れて終了です 
ここまで聞くと縮毛矯正と同じように感じますが2液がないということがポイントです
縮毛矯正もパーマもですがこの二つ共に 1剤で髪の毛の結合をゆるめて、2剤で髪の毛のタンパク質を希望の形に変形するというものですが、では酸トリートメントってなに?? 
レブリン酸・グリオキシル酸は髪の毛の水素結合に結合する事の出来る成分です 
話が脱線してしまいますが、毛髪科学を研究されている方の中では髪の毛の健康毛かダメージ毛かの判断は髪の毛の中に入る水分の量をみるそうです
健康毛の中には水分が入りづらく、ダメージ毛には水分がたくさん入ってしまいます。
酸トリートメントをするとダメージ毛でも、レブリン酸・グリオキシル酸が髪の水素結合に結合して髪の毛の中に入る水分の量が少なくなるようになります
更にそれだけではなく、酸トリートメントの施術で縮毛矯正の施術のようにストレートアイロンを入れる工程があります 
これによって多少のクセは伸びます
このストレートアイロンを通す行程の目的は髪の毛内部の水分を蒸発させることです
水分を抜くことで、レブリン酸・グリオキシル酸が髪の毛内部の水素結合に結合します
その時にその影響で若干のクセやうねりを伸ばせます
この二つのポイント
・髪の毛を疑似的に健康毛に近ずけることが出来る 
・少しのクセがなら伸びる
から酸トリートメントで髪質改善と騒がれています 



そして最後にサイエンスアクア(商品名)による髪質改善



特許商品なので今回は商品名で説明します



サイエンスアクアは名前の通り特別な水です



電解水で髪の毛のキューティクルを緩めて髪の毛が本来持つアミノ酸で



キューティクル(髪の毛の外側)の型を還元剤を使わずに整えていくというメカニズムです



新しいですね



カラーも、パーマも縮毛矯正も酸トリートメントもこのキューティクルの下の細胞



コルテックスに作用しているとされているので、このサイエンスアクアは完全に新発想なのです



薬剤でのダメージはないに等しいと思いますが途中ストレートアイロンを入れる工程があるので、ダメージはゼロではありません
還元剤を使わない為ダメージはこの3つの中で一番少ないと思います



施術方法はOHアルカリ水を髪の毛にまんべんなく塗布→モイスチャークリーム剤→再度OH→ウエットアイロンorソーラー加温→流して→アイロン
※ウエットアイロンをする場合は超絶ダメージの可能性有






長々と書いていきましたが髪質改善というワードだけでも、こんなにやり方があるんですね



注意点とすれば、酸トリートメントもサイエンスアクアも施術の仕上げにストレートアイロンを通す必要があるため信じられないほどのツヤツヤな写真が仕上げとして上がっていますが、自宅で自分で乾かした時にはああならないということは知っておく必要が有ります。その面では現状縮毛矯正が一番再現性が高い施術です。



最後に髪質改善したいけど、どの髪質改善が自分にあっているのかヒントのなるように



まとめます



酸トリートメント→加齢毛に向いている・ハリコシを出したい人


加齢毛というのは生えてくる段階で、本来あるはずの水分量・油分も少なく痛んだ状態で髪の毛が生えてくるような状態なので、ダメージにも弱いので髪の毛の芯を架橋できる酸トリートメントが向いているように思います


実際施術してみると施術後は髪の毛に少しハリコシがでます


加齢毛によって髪の毛にハリコシがなくなった


今まではうねりなどなかったけど最近出てきた


そんな、エイジングによって髪の毛の髪質改善にもっとも向いていると思います


クセ毛は少ししか伸びません




サイエンスアクアについては


酸トリートメントよりも幅広い髪の毛に適応できるように思います


サイエンスアクア→細毛で弱いクセ、ブリーチ毛で弱いクセ、欧米人のクセ毛の方


薬剤ダメージに極端に弱い髪の毛に向いています



酸トリートメントよりサイエンスアクアの方がさらに薬剤によるダメージを気にしないで施術できます



ですがやはりクセの強い方にはあまり向かないように感じます。



そして最後に



縮毛矯正→クセ毛の悩み、広がる髪をまとめたい



ダメージリスクは他の3つに比べるとかなり高いですが、再現性・持ち・クセを伸ばす力はピカイチです



クセ毛での悩みの場合は縮毛矯正で施術した方がいいです




ダメージリスクに関してもしっかり薬剤について勉強していれば×ではなく△〜○まで底上げすることは可能です



縮毛矯正・パーマが得意な美容室ではよほどの髪でない限り○で施術することは可能です



髪質に合わせて美容師が髪質改善をしっかりお客様に落とし込めなくてはいけませんね





ハリコシを出したいなら酸トリートメント



ダメージに弱い細毛の髪質の方はサイエンスアクア 



クセ毛の悩みは縮毛矯正





長くなりましたが、少し参考になれば幸いです。




それでもわからない方は是非僕にご相談ください☆




  



150-0001

東京都渋谷区神宮前6-16-13 Naias神宮前 4F


Tel 03-5766-0045 


平日/11:00~21:00、土日祝/10:00~20:00 


定休日:火曜日・第3月曜日




表参道・明治神宮前 美容室 Cura 森 正臣





BACK TO LIST

ご予約はこちら