blog

メイン画像

Curastaff,Shukuri

2017/12/08

縮毛矯正にパーマ!

こんにちは^_^

12月はスケジュールが爆裂パンパンの宿利です。

もう、営業後は、25日のクリスマス夜の1日しか空いてる日がありません(o_o)真っ直ぐ帰りません!

興奮してます!

さあ!師走前に髪を美しくしましょう!

 

今日は、美容室で最大の難関メニュー[ストカール]

についてです!

これは、ストレートパーマ縮毛矯正をしながら、パーマをかける!

という物凄く難しい、ハイレベルな技術です。

癖を伸ばしながら、カールやウェーブを創る事。

お客様からすれば、夢の様なデザインです。

一昔前なら、「縮毛矯正をしてるから、パーマはかけれません」

と美容師さんにお断りされるメニュー。

失敗するとパーマの部分がチリチリ、バサバサ、

もう!!とりかえしのつかないアウトな状態になってしまうT_T

お客様の中でも、今も、縮毛矯正をしてるからパーマはかけれないと、諦めている方も沢山いるとおもいます。

しかし!

Curaは出来ます!夢を叶えます!ニュアンスを創ります!

まとまりやすく、そして、しなやかに動く!

柔らか〜いナチュラルなムードを生み出します!

 

セミロングのお客様

シュクリ

シュクリ

約10年位、4ヶ月に1回、癖の部分に縮毛矯正をしています

4ヶ月分の根元に癖が出て、膨らんでる

その下は、前回のストレートとパーマが少し残っている

ここ数年で、縮毛矯正の技術もかなり進化して、すごくナチュラルにダメージを抑えて、仕上げる事が可能になりました! 

ただやはり、

もっとニュアンスが欲しい…だからコテで巻く…

でもうまく巻けない…パーマかけたいな〜〜…

 

かけましょう!!かけましょう!

シュクリ

シュクリ

まず、根元のストレートにしたい所、癖ありの所にストパーの薬剤を塗布

この薬剤もCuraこだわりの剤。

しなやかに柔らかく、でもしっかり伸ばす。

癖の度合い、髪質、ダメージレベルを考えて、適切なパーマ剤をブレンドします。

この見極めと知識、センスが本当に重要でピンポイントジャストミートを狙います。

ここでミスると、根元からチリチリ、ぱつんぱつんの硬〜い髪に変わってしまいます。(涙)です

シュクリ

次にニュアンスが欲しい所に、パーマ剤を塗布

ここでも、Curaの想いのこもった薬剤が登場!

仕上がりのスタイルイメージ、カール感、風合い、髪質、ダメージ具合、

あらゆる角度から想定して、薬剤をブレンドします。

ここでもミスると、チリチリ、パサパサ、もしくは真逆の全くかからない。(涙)です

その後、15分位おいて、

一度流し、トリートメントエマルションなどで、

栄養分タンパク質、油分などを補充

シュクリ

続いて、一度乾かし、ブラシで挟みながら癖の部分をブロー

これがまた難しい。

でもここがナチュラルな仕上がりにするにはかなり重要!

薬剤は、弱く優しいものを使い、ブローで補強する

昔は、薬のパワーだけで伸ばしてたからツンツン河童ちゃんみたいになってました(o_o)

シュクリ

その後、再びストレートアイロンで、癖をブローで伸ばした所をアイロンスルー。

サラッと熱で固定する感じ。

これにより艶とストレートのもちが良くなります。

熱の入れ方、温度、角度なども大事です

シュクリ

次の日から、膨らみません!

小頭、小顔、艶々、湿気に負けない、あー楽チン。

シュクリ

いよいよ、パーマのロッドを巻きます!

毛先にタンパク質と油分を補充しながら巻いていきます。

デジタルパーマです。パーマロッドが温まるタイプ

シュクリ

このようにデジパーの機械で、パーマの部分を低温で蒸す様に温めて、その後、カバーを外して、髪を乾かします

シュクリ

蒸して、乾燥させた後の状態

くるっくる〜〜びっくり!しますよねこの状態!

大丈夫です。仕上がりは狙い通りのニュアンスになります。

髪質とデザインをイメージして、薬剤、温度、時間、ロッドの大きさ、巻き方

全てを計算してやります。

シュクリ

そして、ストレートとパーマの境目を再びアイロンでなじませる

これが難しいんだな。

温度や束の厚さ、スルーの抜き方など職人技です。

シュクリ

ここまで来て、いよいよラスト

パーマ2剤

1剤で緩めた髪をブラシ、アイロン、デジパーで形を整えておいて、

2剤で固定しながら安定させる

毛先のパーマの所は、クルクルさせて、留めておきます

シュクリ

遂に、完成間近!流した状態

もうお客様の顔はニッコニコ。

 

ここまでの長い工程は、僕等は、物凄いスピード感、1秒を大事にしながらやっていて、出来るだけ施術時間を短く出来るように日々練習に励んでいます。それでも、2時間半くらはどうしてもかかります。

それだけ、ストカールは、とてもデリケートな施術であり、

省略する事が出来ないポイントが沢山あります。

ストカールは、

お客様の前では、サラッとスマートに見える施術ですが、

この様に、美容師にとっては、実は、壮大なスケールの物語、スペクタルなのです(‾^‾)

 

はっきり言って、誰でも出来る技術ではありません。

 

物凄い深〜い濃い内容や秘密が沢山ひそんでいます。

もちろん、すでに痛み過ぎている髪だとパーマは辞めたほうが良い場合もあります。

是非、一度ご相談して欲しいです。

 

癖を限りなく自然に伸ばし、毛先のカールまで同じ質感でつなげていくニュアンスデザイン。ストカール

ツンツン、ゴワゴワとは、もうおさらば♪

シュクリ

心地よいヘアーは、人生をかえます

お客様の毎日がハッピーになるように、心を込めてデザインしていきます^_^

    Cura宿利

 

 


〒150-0001

東京都渋谷区神宮前6-16-13 Naias神宮前 4F

Tel 03-5766-0045

www.cura-hp.jp

 

BACK TO LIST

ご予約はこちら