blog

メイン画像

Curastaff,Mori

2018/04/25

メガネを買う話

 

こんにちは!

 

森です

 

久しぶりにプライベートなブログを書いていこうと思います

 

何を隠そう

 

わたくし、森

 

 

 

 

眼鏡美容師です

 

今回はアウトドア美容師の記事ではありません 

 

担当させていただいて長いお客様に未だにオシャレ眼鏡だとに思われていたりしますが本気眼鏡です

 

昔はコンタクトでしたが仕事上コンタクトをつけている時間が長すぎてドライアイが進行してしまい

 

なくなく眼鏡をしているという状況です

 

時たまコンタクトもします

 

本当は裸眼に憧れています

 

そしてみなさんご存知かと思いますが、僕はO型です

 

仕事は丁寧を心掛けていますが、その反動かプライベートは結構ずぼらなところもあります

 

眼鏡の扱いもかなり荒いです

 

フレームを折ってしまうこともしばしば

 

眼鏡はスニーカーと同じでいくつあってもいいかなと思って、毎月のように眼鏡を買っている時期があったため数はかなり持っています。

 

今までは質より数を優先していましたが、最近ちゃんとした眼鏡あってもがいいんじゃないかと思いワンランク上の眼鏡を探し始めました

 

オシャレ眼鏡王道のオリバーピープルズ、GLCO・店の目の前の白山眼鏡・Curaの米村氏御用達のayame

 

金子眼鏡・トムブラウン・トムフォード・モスコット、etc

 

様々な眼鏡を試しました

 

ファッションに熱い頃アレキサンダーマックイーン、トムフォード、モスコット、ハイブランドのサングラスを生意気にも買ったことがあります

 

そうです、知っているのです

 

いくらかけたって自分の顔の骨格には欧米人向けのオシャレ眼鏡をかけこなすことができないことを

 

名だたるブランドの眼鏡を合わせてみましたが、合わないです

 

そして最終先行に残った、白山眼鏡・ayame・金子眼鏡

 

日本のブランドに絞りました

 

白山眼鏡はジョンレノンがかけていたことでも有名ですね

 

個人的な見解ですが、僕が求めているより少し個性的なデザインでした

 

表参道・原宿の美容師がかけてそうです

 

いい眼鏡初級者には少しハードルが高かったです、高い眼鏡3本目からにしようと思います

 

そしてayame

 

いいなと思った眼鏡はすでにスタッフ米村がかけていた形でした

 

  

 

 

当店ではスタップ間の眼鏡かぶりはなしです

 

ラストは金子眼鏡

 

デザイン性のある眼鏡もありますが、誰でもかけやすいそうなデザインの眼鏡も多い印象でした

 

僕が探していた眼鏡にかなり近いものがありました

 

スニーカーで例えると、僕はナイキではなくコンバースが好きなのです

 

会社が一緒なのは抜きにして

 

そうスニーカー好きにしか伝わらないかもしれませんが、ナイキのデザイン性の高いスニーカーよりも

 

コンバース アディクトのようなベーシックなデザインをアップデートしたスニーカー

 

ベーシックかつハイグレードな眼鏡を探していたのです

 

そして店員さんに話を伺うことに

  

担当してくれた店員さんは僕より年は少し上くらいのがっちりした体格のトゥモローランドで働いていそうなお洒落な男性の方でした

 

クールで淡々とした接客をする方で、聞いた質問には的確に答えを返してくれます

 

接客はクールですが、商品に対してはかなり熱さを感じる素晴らしい接客で勉強になりました

 

みなさんはご存知でしょうか?

 

似合う眼鏡の定義

 

この方に似合う眼鏡の定義について質問したところ

 

1にサイズ

 

2に雰囲気(眼鏡の形)

 

サイズ感はレンズの真ん中に瞳がくるサイズの眼鏡がいいそうです

 

そして雰囲気は、眼鏡の形

 

完結に言うと丸いとカジュアルで、スクエアタイプだとキリッとした印象になるそうです

 

普段自分がどんな雰囲気なのかも眼鏡選びでは大切なようです

 

シーンによって変えたりもいいですね

 

そしてフレームの色選びに関しても聞いてみたところ

 

黒の方が眼鏡の印象が強く、茶色の方が肌に馴染んで眼鏡の感じが柔らかくなる

 

なるほど僕は本当は眼鏡をかけたくないため、無意識に茶色系の眼鏡を選んでいたようです

 

(僕は茶色のフレームの眼鏡を探していました)

 

説得力が凄いです

 

この人に任せて見ようと思い金子眼鏡で購入することに

 

先月の健康診断での視力検査の結果が悪かったので、検査して眼鏡を作ってもらうことにしました

 

検査もいくつかの機械を使い精密に検査してもらえました

 

コンタクトを作るよりちゃんとやりました

 

左目の視力がかなり落ちていたみたいで右レンズそのままで左レンズのみ度数を2段階アップ

 

どうでもいい情報ですが書いておきます

 

そしてレンズの選び、このようになっていて

 

右矢印でレンズが薄くなります(眼鏡のデザインのクオリティが上がる)

 

下矢印でレンズのクオリティが上がります(眼鏡の質のクオリティが上がる)

 

ここでレンズの質が上がるということはどういうことなのか!?

 

本来レンズは楕円形になっていますが、普通のレンズのピントの合う面積は10円玉ほどだとするとクオリティをあげるとピントの合う面積を500円玉ほどまで広げたりすることができるそうです

 

ピントの合わない部分でものを見たときに歪んで見えてしまうようですね

 

 僕の視力ではまだセレブレンズにしなくてもいいみたいなので、ノーマルレンズにしました

 

今回のレンズでは仕上がりまで1週間ほどでした

 

そしていざニュー眼鏡を

 

 

 

 

 

最初は違和感がありましたが、今では顔の一部です

 

非常に軽くて、まるでかけていないようなかけ心地です

 

金子眼鏡のポイントは生産から販売まで、自社で一貫しているところが個人的にはいいですね

 

品質の管理がちゃんとしてそうなイメージです

 

安くはない値段でしたが、今のところ買って満足です

 

今後のサービスや使用感についてはまた何かあれば書いて記事にしようと思います

 

決して金子の回し者ではありません笑

 

最新記事へ

 髪質改善 ギャラリー

 髪質改善 ムービーズ 

過去人気ブログ

髪質改善ストレート 今までのまとめ!ビフォー/アフター有

髪質改善ストレート VR施術動画

失敗しない縮毛矯正の解説

〈髪質改善の匠〉髪質改善と縮毛矯正・ストレートパーマ違い?

遺伝だけじゃない!?【くせ毛の話】

髪の構造【パーマ編】マニアックなので閲覧注意

ブリーチしていて、縮毛矯正ストレートを考えている方必読

 

  

問い合わせ

口コミ

 

@mori_cura

平日/11:00~21:00、土日祝/10:00~20:00

Tel 03-5766-0045

 表参道・明治神宮前 美容室 Cura 森 正臣

 

BACK TO LIST

ご予約はこちら