blog

メイン画像

Curastaff,Mori

2016/04/25

「パーマがかからない原因はコレ」ダブル還元でパーマをかけよう。

 

こんにちは!森です!

久々にヘビーな内容の記事

マニアックなので閲覧注意です笑

 

前回『髪の構造【パーマ編】マニアックなので閲覧注意!


でだいぶマニアックにパーマの構造について書いていかましたが、


今回はこの記事の続編的な記事です。


そして今回はダブル還元について


髪の構造【パーマ編】マニアックなので閲覧注意!』こちらの記事で、


髪の毛には、硬いタンパク質と柔らかいタンパク質があるとして書かせていただきましたが、


これを例えて身体でいう


肉=柔らかいタンパク質


骨=硬いタンパク質


とします。



そして今までの業界としてパーマの薬剤は、


肉の柔らかいタンパク質の部分にしか効果のある薬剤はありませんでした。


今までは肉の部分にのみ効果のある薬剤で無理やり柔らかい肉の部分にパーマをかけるやり方だったので、


とにかく強い薬剤で力技でかけていました。


なのでパーマをかけると痛むという世間でのイメージが未だに強い訳です。


実際に無理やり強い薬でかけている訳なので、かなり痛みます。


そしてうちのお店にパーマ(縮毛矯正も)がかからなくてご来店いただくお客様がたくさんいます。


パーマしたけど傷んだだけでかからなかった


という方よくいらっしゃいます。


なぜか?


当然ながら、体の一部と同じで髪質は同じ人はいません。


先ほどの例で、肉と骨のタンパク質の話をしましたが、この量にも個人差があり


肉の割合が多い髪質の人もいれば、骨の割合が多い髪質の人もいます。


パーマしたけど傷んだだけでかからなかった


この経験のある方はおそらく、骨のタンパク質の割合が多い方がほとんどです。


骨のタンパク質の割合が多い髪質の人に肉タンパク質に効果のある薬剤でパーマをかけてもパーマがかかる部分が少ないので、


結果、薬剤で髪の毛が痛むだけでパーマがかからないということが起こるのです。


ですが、美容業界の技術進化と共にケミカルも進化していき最近では、骨の部分のタンパク質にもパーマをかけることができるようになりました。


そのおかげで最近では超低ダメージでパーマをかけることができます。


これこそがダブル還元


パーマをかける時に、薬をつけて髪の毛を柔らかくすることを美容院では、『還元』というます。


今までは柔らかいタンパク質のみを還元させていましたが、


今は柔らかいタンパク質と硬いタンパク質の両方を還元させる『ダブル還元』が可能です。


二つを同時に柔らかくできるので、余計に強い薬を使わなくても弱い薬で柔らかいプリプリのパーマをかけることができるのです。


今までかからなかった方も、うちのお店では普通にかかると思うのでお悩みの方は是非ご相談ください☆

 

パーマかからないパーマかからないパーマかからないパーマかからないパーマかからないパーマかからないパーマかからないパーマかからないパーマかからないパーマかからないパーマかからないパーマかからないパーマかからないパーマかからないパーマかからないパーマかからないパーマかからないパーマかからないパーマかからないパーマかからないパーマかからないパーマかからないパーマかからないパーマかからないパーマかからないパーマかからないパーマかからないパーマかからないパーマかからないパーマかからないパーマかからないパーマかからない

 









2018年1~11月までのパーマ比率47.45% 


年間に来ていただけるお客様の約半分はパーマをかけている超パーマ美容師です


美容業界紙の特集にもパーマ美容師として参加させていただいている実績もあります。


パーマがかからなかった時のアフターケア(掛け直し)も2週間保証しているので 安心してパーマかけにきてもらえればと思います☆  



 

  


↑ホットペッパービューティー



 

↑フェイスブックで簡単予約


 


150-0001

東京都渋谷区神宮前6-16-13 Naias神宮前 4F


Tel 03-5766-0045 

 

 
 
平日/11:00~21:00、土日祝/10:00~20:00 
 

 
 

 
 
定休日:火曜日・第3月曜日




表参道・明治神宮前 美容室 Cura 森 正臣

BACK TO LIST

ご予約はこちら